箏・三絃・地歌教室『清松会』のご紹介です


地歌の清松会・楽しいおこと、三味線の教室 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

清松会とは

昭和45年(1970年)11月22日、第一回椎木清女(現 富成清女)主催、地歌箏曲演奏会が行われました。これを名付けて「清松会」と称し、門下生の会と致しました。
「清」は恩師の人間国宝、富山清琴師からいただいた一字、そし「松」は気品高い名樹。名古屋のさる国文学者が名付け親です。

初代、二代富山清琴師の直門として富筋(とみすじ)の生田流箏曲、地歌三絃を伝えるべく、教授活動、演奏活動をしております。

富筋の伝える野川流三絃のほか、名古屋系および大阪系の古典曲には今や希少となったものも多く、これらをぜひ残して行きたいと考えております。

清松会 会長  富成清女
    副会長 富緒清律

Profile

富成清女(とみなりせいじょ)

芸歴

3歳より名古屋国風音楽会、水野花子に師事し箏、三絃を習得。
12歳にて国風音楽会認定「助教授」となる。
1961年  名古屋CBCラジオオーディション合格
1963年  富山清琴(重要無形文化財)に師事、師範となる
1966年  NHKオーディション合格
1968年  NHK邦楽技能者育成会15期終了
国内外での公演およびTV、ラジオ出演のほか野川流三絃の希少曲の伝承にも努めている。
よみうり文化センター・京王カルチャー教室・東急BE教室監修。
日本三曲協会、生田流協会会員、世田谷三曲協会常任理事。

主な受賞

昭和58年  「大仏」を演奏収録したレコードアルバム「三味線古譜の研究」が
       文化庁芸術祭優秀賞を受賞
平成5年   世田谷区より区政功労賞を受賞


富緒清律(とみおせいりつ)〈三上律子〉

芸歴

東京都世田谷区に生まれる。
3才より箏・三絃を母、富成清女に師事。
15才より家元、富山清琴に師事。
1985年  生田流箏・三絃 名取取得
1987年  NHK邦楽技術者育成会33期終了
       学習院大学文学部国文学科卒業
1990年  富緒の芸姓を受け、師範を許される
1996年  NHK邦楽オーディション合格
現在ラジオ出演のほか国内外での演奏多数。
よみうり文化センター・京王カルチャー教室・東急BE教室講師。
日本三曲協会、生田流協会会員。
世田谷三曲協会常任理事。
京都市立芸術大学に本伝統音楽研究センター共同研究員。


清松会事務局(本部)

〒157-0071 世田谷区千歳台2-11-8  ☎;03(3484)8766 FAX:03(3483)6619
富成清女 E-mail:say-joo@jcom.home.ne.jp
富緒清律 E-mail:say-ritz@fr.catv.ne.jp